• 自然で楽に続く姿勢矯正、Remake!
  • HOME
  • 自然で楽に続く姿勢矯正、Remake!

Remakeを訪れる方の相談の中で最も多いのは肩こりでも腰痛でもなく姿勢の悩み!

実際に日本人の97%は自分の姿勢に自信がないとも言われています。

つまり姿勢が悪いことが当たり前。でもそれってなんだかおかしくない?

姿勢が悪い国ニッポン!!

そもそもなぜ姿勢は悪くなるんでしょう?

よく聞く理由は

「骨がゆがむから」

確かに、骨がゆがむと姿勢は悪くなりそうですよね。

でも骨がゆがむのはあくまで結果で、そこに至るまでこんな流れがあるんじゃないかなとRemakeは考えています。

習慣が体の癖を作り、

体の癖が筋膜の形状を決め、

筋膜の形状が筋肉の状態を決め、

筋肉の状態が骨のゆがみを決める。

つまり、ゆがんだ骨をボキボキっと真っ直ぐにしても、骨以外の原因を解決しなければ姿勢はまた悪くなるということ。

姿勢の根本的な解決を目指す私たちが注目したのは骨や筋肉ではなく
筋膜・体の癖・習慣3つでした。


プルプルコラーゲンの塊?
最近話題の筋膜とは

「筋膜」とは文字通り筋肉の膜。

実はこの筋膜、一部のマニアックな研究者を除いて、最近まであまり注目されていませんでした。

それが近年、筋膜リリースロルフィングなどの施術の広がりと共に一般的にも認知され、雑誌やテレビで特集を組まれるまでになりました。

そんな筋膜の発見にはこんな裏話があるとかないとか。

アメリカの医療従事者トム(仮)のお話。

人体の解剖をする際、筋肉や内臓を観察しやすくするために余計な組織を取り除きます。

ところがある日、トムはふと疑問に思いました。

「ねぇマイケル。よく考えたら俺たちがいつも取り除いてるこれなに」

これまで「観察の邪魔だなぁ」と思って取り除いていた組織はあまり重要視されてきませんでした。ところがトムの疑問をきっかけに研究を始めると、この組織がとてつもない可能性を秘めていることがわかりました。

そうです。

これまで邪魔だった組織=筋膜だったんです。

それに気づいたトムは筋膜研究の第一人者として億万長者になったとかならなかったとか…

「筋膜」筋肉だけではなく内臓も包んでいます

全身を覆う筋膜は一生脱げない全身タイツのようなもの。

ただこの全身タイツ、普通じゃありません。

あなたの体形を記憶するんです。


姿勢はハイチュウでできている。

筋膜はコラーゲンの塊。

コラーゲンといっても私たちが想像するようなプルプルの状態ではなく、質感を例えるなら…そうですね、ハイチュウです。

しかもこのハイチュウ、あらゆる動きに適応できるように繊維が網の目になっています。

しかも伸びたり縮んだりします。

このハイチュウはとても優秀で、形状を記憶することができます。そもそも1日だけ猫背で過ごしたとしても猫背になることはありません。しかし猫背のまま1週間、1ヶ月、1年と過ごすうちに筋膜は猫背の状態を記憶し、猫背が当たり前の状態が完成します。

つまり悪い姿勢でいればいるほど、悪い姿勢が当たり前になるのです。

昔は良い姿勢に戻れたのに、気づいた頃には良い姿勢に戻れなくなってしまいます。もし今あなたが「良い姿勢が長時間維持できない」と感じていたら、筋膜が悪い姿勢を記憶している可能性が高いです。

ちなみに実際に施術をすると、年齢による施術効果の差を明らかに感じます。10〜30代の場合は1回の施術で本人が満足するレベルまで変化する方が多いですが、40代以上の方は姿勢の癖が強いので、満足いくレベルの変化を実現するにはある程度の回数が必要です。

そのため、姿勢が気になる方はできるだけ早いうちにRemakeを受けてほしいと思っています。

ではどうやって実際に姿勢を矯正していくのか。

次のページで解説します!